加圧トレーニングは効果が本当にあるのか調査してみた

加圧トレーニング!本当に効果ある?

様々なシェイプup方法

有酸素運動

長い時間、継続して行う運動を有酸素運動と言います。酸素を筋肉へ送り、糖質・脂肪を燃やす事で運動する事から、そう呼ばれています。代表的なものとして、ジョギング、ウォーキング、水泳、自転車を漕ぐ、エアロビクスなど。

加圧トレーニングは多くの成長ホルモンを放出します。それは脂肪を分解しやすくするけど燃焼はしません。加圧トレーニングだけすれば痩せる、訳ではないんですね。
まずは燃焼しやすい状況をつくる。それから燃焼する。それが、加圧トレーニングと有酸素運動するメリットです。
加圧トレーニング後は、30分程度の軽い有酸素運動で大丈夫。ダイエットで加圧トレーニングする人は、この組み合わせでトレーニングしてみましょう!

筋トレとストレッチ

筋トレとストレッチの加圧トレーニングの違い、また相性はどうなのでしょうか。

・筋トレ
筋トレは、酸素を必要しない無酸素運動です。エネルギー源は糖質。筋トレは、筋肉をつくのが目的でする人が多いと思いますが、筋トレ自体が基礎代謝を上げます。そうなると、血行促進・新陳代謝の活発化に繋がります。
ただ通常の筋トレも加圧の筋トレも、どちらも疲労感は同じくらいです。運動が好きでない人、早く効果を実感したい人に、加圧トレーニングはいいでしょう。筋肉の引き締めも期待できます。

・ストレッチ
体を柔らかくすれば、筋肉は伸び緊張もほぐれます。またリラックスもできるため、集中力も出て怪我しにくくなるでしょう。コリの予防・改善にも役立ちます。
加圧トレーニングの後は血流が良くっているため、ストレッチもしやすいでしょう。加圧トレーニングとストレッチを組み合わせれば、普段からコリのない柔軟な体になれるでしょう。


この記事をシェアする